モンスターハンターを映画館で観てきました

映画

モンハン映画を観てきました!

3カ月ぶりの映画館でした。ものすごーく映画の種類が減ってるなと感じました。予告映画の数が少ないので同じ映画の宣伝が何度も流れてました。

さて、モンスターハンターの実写映画版です。

去年公開予定だったけど、コロナで公開延期になって、今年の3月26日に公開されました。

普通に楽しめました。面白かったです。

映画館のデカい画面で観るのがオススメ。迫力があって良かった。

元々ゲームがリアルなだけに、実写になっても違和感がないので、すんなり世界観に入りこめたと思います。

モンスターハンターの映画版の物語を簡単に言うと、

『異世界転移した主人公が、現実世界に戻るために奮闘する物語です。』

我々が住む現実の世界と、異世界であるモンハンの世界とが交わって行く導入部分が丁寧に描かれていたのが面白かったです。

ただ、前半詰め込み過ぎて後半の希薄さが勿体なかったかなと思いました。

ディアブロス討伐までは見ごたえがすごーくあります。

ディアブロス討伐までは絶望的な悪夢の連続です。もう全く人間が歯向かう事なんて出来ない世界。そこにどうやって打ち勝つのか!?…が、見どころですね。

で、そこまでに時間をだいぶ割いてしまっているからか、後半は前半ほどの緊張感を感じれなかったのが正直な感想です。

ちなみに、

モンスターハンターと言えば代名詞のリオレウスも出ます。圧倒的な強さなんです。本当にこんな化物がいたらヤバいでしょって感じです。現実の世界に襲来してくるのですが、半端ない迫力でアメリカ軍を沈めて行きます。ここの映像は必見です。

全体を通してクオリティは高かったので、観て損の無い映画でした。

次回作を匂わせる雰囲気はありましたので、バイオハザードみたいにシリーズ化されていくかもしれませんね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました