順序・階段・段階・ステップ

マインド

こんにちは、ぷろとです。

今回は短めですが、めちゃめちゃ大事な話。段階の話です。これを舐めていると変化を望めませんし、自分が目指している世界にはたどり着きません。いつまでも叶わない夢を追いかけるだけで、それは想像の中で終わってしまいます。だけど段階を意識し始めた時に、あなたの価値観は変化し自分の夢を叶えるための第一歩を踏み出せるようになります。

 

ぷろと
ぷろと

ぷろとです。毎日ブログ更新チャレンジ中です。文章を書くための考え方や、趣味のゲームや感銘を受けた事などを執筆しています。

順序・段階・階段・ステップといった言葉はめちゃくちゃ大事です!

人は変化をしたいと願う生き物だけど、急激な変化には拒否反応を示します。

半強制的な変化…例えば、生活環境が進学や就職・転勤などで変わるとかは仕方なく受け入れてしまうけど、基本的には変化を望みながらも変化したくない生き物です。

その変化したくない生き物を変化させるには、順序が大事です。

段階を踏んで少しづつでないと変化できないんです。

いきなり跳び箱20段が目の前に現れたら諦めて飛ぶ気も起きないけど、1段なら飛んでみようかなと思えますよね。そして、順番に飛んでいけば、いずれ20段も跳べるかもしれない。20段は無理でも10段くらいは飛べるようになってるんじゃないだろうか?

最初は10段すらも無理だと思っていた。でもいつの間にか飛べていた。

それは、1段から順番に挑戦していって、2段、3段と飛んでいく内にちょっと楽しいなと思い始め、4段、5段と飛んでいく。6段くらいから辛いなぁとか思いつつも諦めずに挑戦していったら、コツが掴めてきて7段、8段と飛べていく。いつの間にか真剣になっていて、9段、10段と飛んでいく。

気づいたら10段飛ぶことが出来ていた。…もしかしたら20段も目指せるんじゃないかなんて思い始める。

そうやっていつかは20段も跳べちゃったりする。

挑戦していなかったらその10段すら飛べてないと思うし、最初の1段があったからそこまでたどり着けたはずです。

そして、10段が飛べた時には、1段を挑戦していた頃に比べると自分が変化しているわけです。

急激な変化は早々ありません。

宝くじで何億と当たるような幸運なんて限りなく舞い降りてきてはくれませんし、仮に当たったとしたら、その変化に対応できなくて逆に狂ってしまうでしょう。というかよく破産して人生が狂ったなんてよく聞く話です。あれはお金の使い方を知らない人が大金を手に入れた末に陥る末路です。

人は進化する生き物だけど、少しずつ段階を経て成長していきます。

急激に伸長が伸びたなんて事もあるけど、あまりにも急激だと身体に痕を残したりするじゃないですか。

急激な変化には痛みを伴います。

その痛みを和らげるためにも段階を踏む。というのはとても大事です。

自分が変化したいときも、他人を変化させたいときも、段階を踏むというプロセスは重要です。

特に他人を動かそうと思ったら、ステップを踏ませるというのを意識してみてください。

最初は簡単な受け入れやすいものから順番にステップアップさせていく。

オレはFF14というゲームを遊んでいますが、昨日の記事なんかを読めばわかるかと思いますが、もしあなたがゲームの事など知らないとしたら、「さっぱり何のこっちゃわからない」と思います。

だけど、文化祭みたいなものだよと言えば少し理解できるかもしれません。

ですし、FF14というゲームは段階やステップを踏ませるというのが物凄く上手に作られています。

ぷろと
ぷろと

細部にまで拘って作られているからこそ、全世界で1800万人もの登録者がいるんだろうなぁ。

と、ちょっと話がズレてしまいましたが、順序・順番・段階・階段・ステップといった単語は本当に大事な概念なので、どこか頭の片隅にでも残しておいてください。

当たり前なようで、多くの人が陥る罠ですから。

 

ぷろと
ぷろと

それでは、最後までお読み頂き、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました