ブログを継続して書く仕組み解体新書

マインド

こんにちは、ぷろとです。

今回は、ブログを継続的に毎日書くための仕組みを分析してみたいと思います。この記事を読むと継続が苦手な人が継続できるようになって、自分の目標を達成することに前進できます。逆に読まないと、継続が苦手のまま、いつまでたっても目標を達成できなくなってしまうのでぜひ最後までご覧ください。

 

ぷろと
ぷろと

ぷろとです。ブログを毎日書いています。色んな思考法や、趣味だったり感銘を受けた事などを書いています。

 

ブログを継続して書く仕組み解体新書

オレはブログを毎日書くと宣言してから今日で25記事目を達成しました。まだたったの25記事かもしれなけいけれど、毎日2000文字以上の文章を書き続けることができているのです。今までの自分では考えられない出来事が起きているのですが、ブログを書く前のオレは毎日何かを継続するという事が本当に苦手でした。

 

例えば、

最近体力が落ちてきたなぁと思ったある日に、

 

ぷろと
ぷろと

毎日走って、体力つけよう!

と思い立って、

めちゃめちゃやる気満々で走りに行ったんです。

 

走ると気持ちがいいし、

気分も良いし、

何よりも走っているオレ凄いだろう!

へへん!

みたいな感じになって、
これは毎日走れるぞぉとか思っていました。

 

だけども3日ほど続いた翌日に雨が降ってきました。

 

ぷろと
ぷろと

今日は雨が降っているし、また明日にしよう

これが引き金となり、その翌日は晴れていたにもかかわらず…

 

ぷろと
ぷろと

ちょっと今日はしんどいので、明日走るわ…

と、なんだかんだ理由をつけてしまい、、

結局、

走らなくなってしまいました。

 

他にも、今日から筋トレするぜって言いながら、翌日にはもう忘れていたり、前にもブログを毎日書こうと思っていたこともあったのですが、続かずに終わっていたんです。本当に継続して何かをやり遂げるというのが超絶的に苦手だったのです。

このように継続が苦手だったオレが、

なぜ継続できるのか?

なぜ、今回ブログを書くという事が継続できているのかということを考えてみたいと思います。

まず、オレが今までに継続出来ている事、もしくは出来ていたと思う事を考えてみます。

  • 学校や仕事に毎日行く
  • 漫画やアニメなど最終回まで見た
  • ゲームで入手難度が高い装備を手に入れるまで頑張った
  • サッカーを毎週日曜日にやっていた

とりあえずこれくらいにして、それぞれからなぜ継続できていたのかを割り出してみようと思います。継続の秘密が見つかるはずです。

学校や仕事に毎日行く

学校や仕事に毎日行くのは、なんでだろう?当たり前やんと思うかもだが、その当たり前を細分化してみる。

オレが学校に行っていた理由は、

親が怒ったり、先生から指導されるのが嫌だと思っていたから仕方なく学校に通っていた。勉強がしたいから行くとか全く思わなかったし、むしろ行きたくないとすら思っていたのに、なぜか登校していた。風邪とか引いて休んだりとかはあったけど、毎日学校に遅刻もせずに行くという継続ができていたのは親や先生たちをガッカリさせないために行ってたとも言えそうだ。

同じような理由で仕事も、家族のためだったり、生活を維持するためであったり、給料を貰うために行くってのが強いと思う。行かなければ給料をカットされてしまうかもしれないし、会社をクビになるかもしれないし、そうなると家族を路頭に迷わせてしまうから、そういった不都合な事態を避けるために行っている。

残念ながら、会社のために尽くそうという熱い気持ちを持って入社したわけではないので、家族のためであったり、上司や同僚からバカにされないためだとか、身の保身に関わる事を気にして継続できているのかもしれない。

この2つから考えられるのは、

基本的には自分のためだが、誰かのためにせざるを得ない状況だから継続できていると言えそうだ。

根本的には怒られないやガッカリされないや不都合な事態を避けるためだとか、身の保身による継続ではあるが、自分のためだけでは継続できなかったランニングとの違いは、誰かのためになら継続できるのではないかと感じた。

しかし、次の場合はどうだろう?

漫画やアニメなど最終回まで見た

この場合も最後まで見たんだから継続出来きたと言えるが、誰かのためではなく、100%自分のために出来た継続だ。

うーむ…不思議だ。

ランニングの継続は自分のためなのに出来なかったが、漫画やアニメは最終回まで見ることが出来た。ものによってはものすごく長い作品もあったのに不思議な事だ。

不思議だけど、これは何となくパッとわかりますよね。

単純に面白いから続きが気になるからというシンプルな興味で継続できたと言えそうだ。

興味が続けば、継続できるのかな?

そういえば、途中で読むのを辞めた漫画やアニメもあったけど、それは面白くなくなったとか、興味を無くしてしまったからのように思う。

興味も継続には大切な感じがする。

 

ところで、

興味とは何だろう?

関心を持つと言う事だよね。

では、関心って何だ?

 

気になったので関心を調べてみたら、どうやら感情の一つらしい。

 

関心って感情なんだと思って、じゃあ感情ってどんなもんなんだろうと思って調べてみたら、衝撃的な事を知りました。

 

プルチックの感情の輪』というものを見つけたんです。

 

これによると、
人間には8つの基本的な感情があって、それぞれに段階があり、強弱があって、さらに左右の感情が混ざりあって別の感情が生まれたりとか、かなり見るだけでも面白いです。

この感情の輪の中に関心や期待って感情があります。

関心や期待するという感情があって、オレは漫画を見たりしていると思うんだが、プルチックの感情の輪を眺めていると、他にもある様々な感情を見ていて気付いたことがあります。

そのほとんどの感情が漫画などの作品を見ることで刺激されているなと気づきました。

 

例えば、

漫画ってストーリーだから、読んでいると登場人物に感情移入してしまって、喜びもあれば悲しみも感じたりするし、悪役とかに怒りを感じる事もあれば、色んな状況に恐れを抱くことも有る。単純に物語や主人公たちに期待もするし、色んな展開に驚いたり、嫌悪を抱いたり、強い仲間に信頼したり、様々な感情を漫画を読んだりアニメを観る事で刺激されていますよね。

その感情の波が大きいほど続きが気になって、次はどうなるんや?これって最後はどうなるんだろうってなって継続して最後まで見ることが出来ているのかなと思いました。

なるほどね。

そして、そういった感情が発生しなくなった時、見ていても面白くないからと判断して継続を辞めちゃうのかなと感じました。

 

継続には感情が非常に重要な気がしてきました。

 

そういえば、

学校や仕事に行くのも恐怖と言う感情から逃れるために継続できたとも言えそうです。

継続には、感情が大事なのかもしれない。

ゲームで入手難度が高い装備を手に入れるまで頑張った

もう一つ継続できた例として、ゲームで入手難度の高い装備を手に入れたと言うのがある。

この装備を手に入れるためにオレはリアルに4年間以上の時間をかけた。

まるで仕事と言わんばかりのスケジュールで、毎日のように頑張り苦節4年という夢の装備を手に入れたことがあるんです。

最初の3年ほどは取れたらいいなぁ程度にまったりと遊んでいただけだが、残りの1年という期間は、本当にめっちゃ頑張った。

この武器を入手できるまで継続できたのは何だったのだろうか?

  • どうしても所有したかったという願望
  • 優れた武器を扱いたいという欲求
  • 誰もが手に入れれるものではないので、注目を集めたかった

欲望で継続できたのではないかと思う。

 

感情的にも見てみようとプルチックの感情の輪を眺めてみました。

そうすると、

恍惚と敬愛が引っ掛かかりました。

※恍惚…物事に心を奪われてうっとりするさま。
※敬愛…尊敬し、親しみの心を持つこと。

 

その入手難度の高い装備は、別のゲームなのですが、オレが子供の頃の親友と遊んでいた時の思い出ある武器だったのです。入手難易度はものすごく高いけど、どうしても手に入れたいと思っていました。

その武器に対して敬愛の心を持っていましたし、きっと入手できたら恍惚な気分になること間違いないと思いました。

この2つの感情が合わさると、『愛』になるようです。

 

愛を持って、その武器を所有したいという欲望が沸き上がったのだと思います。

当時は当然ながら愛だとは思ってもいませんでしたが、プルチックの感情の輪から推測すると、確かに愛であるような気がしています。

さらに、

幼き頃の親友のためにも所有しなければという考えも心の底にあったと思えるので、自分のためでもあるけど、どこかに親友のためみたいな気持ちもありました。

誰かのために+感情+欲求といった要素が組み合わされば継続できるのかもしれません。

しかし、次の場合はこの3つを満たしているのに、継続できなかったのです。。。

サッカーを毎週日曜日にやっていた

オレは、高校を卒業してから毎週のようにサッカーをしていました。

社会人のサッカーチームで、25歳になる頃までは毎週サッカーを楽しみに生きてきました。

 

これを今までの例に当てはめて、なぜ継続できていたのかを考えると、

自分のためでしたが、サッカーに愛を持って取り組んでいたし、優越支配の欲求を持っていました。

今までの3つの要素を満たしています。

 

オレは心の底からサッカーを愛していました。

小学校3年生の頃に出会ったキャプテン翼という漫画に影響を受けてから、サッカーだけは誰にも負けないという気持ちで取り組んでいました。

サッカーをやることで、自尊欲求を満たし、優越欲求も沸いたし、自己顕示欲求も得たいという欲を持っていました。これらの欲求は、優越支配に関する欲求だと言われているようです。

他にも自己成長欲求も持っていたかなと感じます。

※自尊欲求…自分を認めて、自尊心が傷つかないようにしたい
※優越欲求…他人よりも優れていることを証明したい
※自己顕示欲求…注目を集めて、みんなの評判になりたい
※自己成長欲求…自分自身を充実、成長させたい

欲求にも様々な種類があるようで、調べてみると非常に面白いかと思います。

オレが見つけたのは『59種類の社会的欲求リスト』というものです。

 

誰かのためというのは自分のためが最も強かったように思いますが、チームメイトのためという気持ちも持っていたと思います。

 

誰かのため+感情+欲求が揃っています。

十数年以上の継続を達成しているわけなので、継続にはこの3つが必要そうなのは間違いなさそうです。

 

しかし、、、

 

オレは今サッカーを続けていないのです。

 

継続が終わってしまった。

それはなぜか?

単純に身体が動かなくなったとか怪我をしたとかではありません。

 

環境が変わってしまったからです。

 

25歳を迎える少し前に、2人目の子供を授かりました。

あくまでも趣味でやっていたサッカーでしたので、その環境の変化に続けることが出来なくなってしまったのです。もちろん、それが悪いというわけではありません。2人目の子供が出来たことに喜びがありましたし、家族に専念しなければいけないなという気持ちの方が強くなったからです。

しかし、

環境が変われば、どんなに好きで、強い欲望があっても継続が困難だと悟りました。

なるほど環境が最後のピースなのかもしれない。

そういえば、ゲームで装備を入手できたのも、家で隙間時間を活用して出来ると言う環境があったからですし、漫画もそうだし、アニメは昔で言ったら録画ができる環境があったし、今ではアマゾンプライムを契約した環境があるので一気に全話を見たりとかもできますしね。

つまり、継続の方程式は、

継続=誰かのために×感情×欲求×環境

これでファイナルアンサーだと思います。

この方程式をオレが今ブログが継続できている事に当てはめてみましょう。

オレがブログを継続できている理由

継続の方程式が分かった事で、それが本当にそうなのかを確かめるため、今オレがブログを継続できていることを当てはめてみます。

誰かのために書けているか?

オレがブログを書くのは、継続できない自分を戒めるために自分のために書いているのもあるけれど、根本的には、誰か困っていたり悩んでいる人のために書いています。

過去記事を読んで頂ければ分かるけど、ブログを書く時から一貫して『読者のために』と言ってきてます。

今回の記事も、継続を紐解いて頭の中をスッキリさせたいなという自分のためでもあるけども、『継続できない人の助けになりたい』と思って書いています。

なので、読者のために書いていると言えますね。

感情は沸いているか?

感情的にはどうだろう?

たぶんだが、愛を持ってブログを書いています。

今のブログを書くのに喜びがあるし、容認もある。プルチックの感情の輪的には愛になるみたいだし、このブログではかなり本音を出して語っているので、愛を持って育てていこうと本気で思っている。

まだ25記事しか書いていないから、ここから感情の変化は起きるかもしれないが、基本的には愛を持って取り組んだ方が長続きしそうな気がします。

と、言うのもゲームの装備入手だったり、漫画やアニメを最後まで見れたのも、サッカーが続いていたのも、それらに対して愛があったからです。

愛という感情は継続に必要な感情なのではないかと思いました。

欲求はあるか?

ブログを書くための欲求はもちろんあります!

アクセス集めたいとか読まれたいとかお金を稼ぎたいとかブログを書いている人は、そういった欲求を持つのかもしれませんが、オレの場合は、自己成長のために書いてるのが大きいです。

自己成長欲求ですね。

このブログには広告も貼っていませんし、メルマガへの誘導もしてませんし、言ってみたらキャッシュポイントが全くありません。つまり多くの人がブログを書く目的にしているであろう、お金のためではありません。

オレは継続できない人間で嫌気がさしていたので、このブログを通して継続できるようになるぞで今は書いています。自分自身の成長ですね。そのために書いています。

細かく見たら、他にも色々な欲求もあるけど、一番は自己成長欲求で書いています。

これってサッカーを継続できていたときと同じ欲求ですね。あ、ゲームの装備入手もある意味そうかもしれないですね。強い装備を手に入れたら強くなれるという成長欲を沸きたてられているてのも確かにあるな。

環境は整っているか?

環境も現段階で整っているはず!

自宅のパソコンは順調に稼働しているし、作業スペースもある。そして作業時間の確保。

ブログを書く環境と言えば、家で作業する人もいればスタバとか外で書いている人とかもいますよね。外出先の方が気分が乗って書ける人もいると思うので、そういった方が続く人は、そういう環境を用意したほうがいいのかなと。

オレの場合は、今まで継続できたことって家の中ってのが多い。

ゲームだってアニメや漫画も基本自分の家。

漫画を外に持ち出して読んだこともあるけど、何か落ち着かないんですよね。ですし、漫画喫茶を利用したこともあるけど、最終巻まで読み切ったって事は今までにないしな。

サッカーに関しては外でしたが、グラウンドの確保とか出来なかった時は、近くの公園や河川敷みたいにサッカーの出来る広さがあればどこでも良かったけど、オレ部活は続かなかったんですよね。周りの仲間の環境ってのが場所よりも大事かもしれない。

そういえば今やっているゲームのFF14も仲間が大事だと思う。気の合う仲間がいるから続けれているって言うのがあるから、長く続けるにはそういった人という環境は大事かもしれない。

環境って単に物理的な場所だけではないということ。

自分にあった居場所を見つけるってことか。居心地の良さなのかもしれない。

 

もちろん時間の確保も環境と言える。

オレの場合は、仕事に行く時間より2時間早く起きてブログを書くということをやっている。

今日のこの記事に関しては休みの日だから、かなり時間をかけてまったり書いているんだけど、ってもう6000文字超えたw

普段は時間制限があるから、もっと短くなってたと思うけど、今日の記事は本当に大作だと思うし、しかもかなり具体的な継続方法を述べている。

絶対に参考にしたほうがいい。

おっとズレたw

オレにとっての環境は、時間の確保と自分にあった落ち着く居心地の良い環境なのかと思います。

オレの継続の方程式は?

オレが継続できるための方程式は、

他者のため×愛という感情×自己成長欲求×(時間確保+落ち着く居場所)

ブログか継続できているのを当てはめると、

読者のため×ブログを書くことへの愛を感じている×自分の成長のために書いている×(仕事の2時間前に起きるという時間の確保+自分の家のパソコンという環境)

さらに、

この方程式を当てはめれば、最初のジョギングも続けれるようになるはずです。

 

例えば、

オレがジョギングを継続するためには、

ジョギングするのを自分のためではなく、他者のためにする。妻とか子供のためとか有かな。子供にジョギングを続けれているんだぞと言いたいためにやるとか。

ジョギングをすることに愛を持つ。走る事に喜びを感じて、走る事で体が強くなるんだと認めたり、ジョギングそのものをリスペクトしまくる感じかなぁ。

自己成長の欲求ですよね。走って体力をつけたいと願いまくる。

環境は家って無理だけど、オレは落ち着いた環境なら良いと思うので、落ち着いて走れるジョギングコースを見つけるってのがいいかもしれない。で、時間を確保するために今よりさらに30分ほど早起きするということか…ちょっとこれはしんどいなw

恐らく、この上記の事を心がけてジョギングをしたら継続できるような気がします。

 

まとめ

ちょっと長くなりすぎたので、これまとめに入りたいと思います。

ブログを継続的に書くための解体新書という事で、継続するためには、

誰かのために×感情×欲求×環境

が必要であるということでした。

掛け算であることが大事です。

つまり、どこか0だったら、継続は出来ないということです。

 

で、さらに言うとこの公式に当てはまるモノは人によって変わります

人によっては、完全に自分のためだったりもするだろうし、恋人のためとかもあるかもしれません。

感情だって怒りの感情で継続できるひともいるだろうし、例えば復讐とかって怒りですよね。

欲求なんて本当に人それぞれだろうし、環境も違いますよね。

 

だけどこの継続の方程式は間違いないと思います。

と、言うのもこれはオレが編み出した方程式ではありません。

とあるセミナーで得た知識です。

 

その得た知識を自分に当てはめて使ってみたところ、ブログを書くことが継続できなかったオレが今のところ継続できているというわけです。

 

ぷろと
ぷろと

それでは最後までお読み頂き、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました