今日からヒーローズ・ジャーニー6:試練・仲間・敵との出会い編

ヒーローズジャーニー

こんにちは、ぷろとです。

今日からヒーローズ・ジャーニーの第6話。試練・仲間・敵との出会い編。つに新しい世界へと旅立ったあなた。そこで待ち受ける数々の出来事は新鮮な事ばかり。新しい刺激に脳は活性化しています。だけど、楽しい事ばかりではありません。新しい世界にも問題は山積みです。

 

ぷろと
ぷろと

ぷろとです。ブログ毎日投稿のチャレンジ中です。文章を書くための考え方や、趣味のゲームや感銘を受けた事などを執筆しています。

ヒーローズ・ジャーニーとは直訳すると英雄の旅路です。自分は英雄ではないので関係ない…というのは勿体ない話です。これは人生の型であり、挑戦の型であり、変化の型です。どれもまとめると物語となります。ストーリーには人を惹きつけたり巻き込んだりする力があります。ヒーローズ・ジャーニーを学ぶことは、あなたの人生を豊かにすることなのです。

前回はついに第一関門の突破を果たす事ができました。

しかしそれまでは物語の序章にすぎません。ここから真の冒険の始まりです。

本日は、試練・仲間・敵との出会い(Test,Arise,Enemies)編。新しい世界で待ち受ける数々の出来事は、旧世界とは比べ物にならないほどの困難が待ち受けています。

6.試練・仲間・敵との出会い(Test,Arise,Enemies)

非日常の世界へようこそ!

ここからは刺激と反応の連続だ。しかし思い出してほしい。あなたは第一の関門を突破したことを。

あの時の思い出が、必ずあなたを帰路に向かわせてくれるだろう。

だが、安心はできない。

ここは今までの世界とは違うのだから。

 

ここで一つ確認しておこう。オレたちの目的についてだ。

オレたちの目的はヒーローズ・ジャーニーという宝を手に入れる事。この宝を手に入れて持って帰り、正しく使えるようになるのが最終目標だ。この旅路の目的だけは見失わないでくれ。全て書かれていることはそのための旅路であるべきだ。

ということは、ここから先の旅路には、試練や仲間、そして敵が登場するはずだ。

このパートにおける英語表記 Test,Arise,Enemies を見てオレは違和感を覚えた。

Testはわかる。試練や試験などを表す英語。

そしてEnemiesも理解できる。敵という意味のEnemyの複数形だ。

だが、Ariseという言葉。意味を調べてみても『生じる』とか『起きる』とかって意味なんだ。

どこにも仲間に繋がる関連性を感じれない。

ここには大きな意味があるのではないかとオレは思うんだ。あなたはどうだろう?

恐らくこれはオレ達に課せられた試練なのかもしれない。

 

生じるということは、何かが始まるということだ。この意味を仲間の部分に当てているということは、仲間とはただの人との出会いを指す言葉ではないはず。

主人公と出会う事によって、何かが生じるような関係性を持った何かなのかもしれない。

それは人に限らずという事だ。

メンターの項でも語ったように、決して師匠と呼べる存在は人だけではないと言った。

本であったり、道端に咲く雑草でも師と仰げると言った。

ここにヒントがありそうだ。

 

例えば…

ドラゴンボールで言ったら筋斗雲なんかどうだろう?清い心の持ち主しか乗りこなせない雲の乗り物だ。まだ武空術が使えない悟空にとって、筋斗雲は冒険の幅を広げる相棒と言っても差し支えないはず。

ワンピースで言ったら、メリー号であったり、サウザントサニー号などの船なんかも仲間と言える存在だろう。

彼らはしゃべったりはしないが、どこか心を持っているようにも感じる。

まとめると仲間とは、

何かしらの感情移入が出来る『何か』。主人公と共に冒険をする『何か』は仲間であり冒険を手助けしてくれる存在。主人公に何かしらを生じさせるモノの事を指すと思うんだ。モノをカタカナにしているのは物や者と解釈するためですぞ。

どうだろう?

間違っていなさそうな気がする。

大事なのは、何かを生じさせるという部分だろう。

 

うん。こういう意味で捉えたら、ただの仲間ではなくAriseであることが納得いく。

一つの試練を超える事ができたなぁ。

そして、今回で言う敵はAriseでもあったわけだ。Ariseを理解したことで、仲間にもなった。

よく物語でライバルが仲間になるなんて事もあると思うが、まさにこれだな。

ピッコロやベジータが仲間になるみたいなね。

今まさにそういった事が起きた。

 

というわけで今回は、試練・仲間・敵との出会い編でした。

次回は、最も危険な場所への接近編です。

 

ぷろと
ぷろと

それでは、最後までお読み頂き、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました