FF14 エデン零式共鳴編3層をクリア!4層を見学してきました

FF14

こんにちは、ぷろとです。

昨日固定メンバーでエデン零式共鳴編3層をクリアできました。一昨日に野良混じりでクリアしたのもあったのであっさり1発クリアでスッキリ!2層の方が苦戦してしまいました。やはり、3層はナイト的には楽なイメージです。

 

ぷろと
ぷろと

ぷろとです。ブログを毎日投稿チャレンジ中です。FF14の事以外にも文章を書くための考え方や、感銘を受けた事などを執筆しています。

ちょっと数日マインド面のお話が続いて重かったのでFF14のお話です。

最近、零式という高難度コンテンツの攻略に勤しんでいます。実装2周目で3層までクリアできました。固定メンバー全員でのクリアは3週目に入ってしまいましたが、5.0の頃に比べると早いクリアになったかな。

今日はエデン零式共鳴編を振り返ってみたいと思います。

エデン零式共鳴編1層

パッチ5.2が実装されて即始まった零式。

ストーリーや極なども同時リリースのためてんやわんやだったけど、1層は初週でのクリアに成功。

エデン零式共鳴編1層の感想を一言で言うなら、『鳥』

STナイトなオレからしたら、1層は鳥の誘導がメインだった。鳥を終始連れまわしているイメージしかない。もはやラムウよりもインパクトのある存在だった。一人だけ別のゲーム状態。

あと、タンク的には1層の鬼門はフォーテーン・チャージボルト中に使う『ふんばる』かもしれない。

知ってしまえば何てことはなかったけど、意外と使い方が難しく悩みの場所だった。

固定だったので、ふんばるは色々試してみた。

コンテンツアクションを一度使って、その後にアクションをワザと入れてみたり、ギリギリで使ってみたり、連打してみたり、押し続けてみたり。

結果、ラムウの詠唱8割あたりまでにコンテンツアクションを押して、何もしない。

たったこれだけ。

注意点は、ラムウの突進はめちゃくちゃ痛いので、バフを使うのと、玉も1つ消費するので事前にしっかり取っておく事。あと、ふんばるは成功しても後ろに転がるので、転がっても失敗ではない。ふんばるの失敗は、パーティ全体が全滅することだ。

オレらの場合はふんばるは2回ともSTのオレが対処する役目だった。

なので1回目では、直前の鳥(2匹目)の攻撃をシェルトロンのみで対処し、フォーテーン・チャージボルトがきて、ラムウがワープしたら、目の前に行って円の中に入り、センチネルとランパートを使って「ふんばる」を押すだけ。その後は何も押さない動かない。

転がった後は、パーティと合流するだけ。

2回目ではバフをインビンシブルに変えるだけ。

ナイト的には一人だけ別のゲームだったが、まぁ楽しめた。

エデン零式共鳴編2層

1層をクリアして初週に2層チャレンジ!

だが、ここは必要DPSも高く、ギミックも難しい。中々に進めない状況が続いた。

結果的に初週クリアは逃してしまう。確か残り2~3%くらいで終わってしまった。

クリアは2周目初日の25日火曜日にクリアした。

昨日の消化でも2層では結構時間を食ってしまった。

事故が多いなと感じたのは後半。業炎拳とエアーパンプが同時にくる時の処理かな。

なぜか安置がなくなる事が多発。

線処理で焦って戻るのが遅くなっている印象だった。そして直後にくる業炎拳のスイッチが上手くいかなかったりもした。あそこは挑発が早すぎても駄目なようで自分にタゲがきたりしてたな。

わちゃわちゃする場面なのでもっと精度を上げたい場面だった。

エデン零式共鳴編3層

3層は簡単。

DPSが足りるか足りないかの問題だけ。

IL次第な所がある。

頭使いそうな脳トレ要素が本来の狙いなのだろうけど、先人が編み出す攻略法が素晴らしすぎてトレースするだけで難しい場面が消え失せてしまった。

何も知らない状態で攻略していく初期攻略の方々は本当に凄いなと思う。

タンク的は、雑魚フェーズでの誘導さえしっかりしていれば、後は皆と同じ動きをするだけ。

逆に言うと雑魚フェーズは、誘導の仕方でだいぶ安定度が変わるとも感じた。

野良で参加してみて、誘導が割と適当だと削り切れない事が多発していた。両方の雑魚にDoTを入れると削りが良くなったりするが、パーティ間の距離が離れすぎて入れれなかったり、回復が薄くなったりで安定しない感じ。

そこの問題がクリアできれば雑魚フェーズは安定する。

昨日の消化も初クリアのメンバーはいたけど、やはり3層は楽で一発安定のクリアだった。

そして4層へ

さぁ、今日からは4層の練習が始まる。

昨日3層クリア後に見学ということで30分ほど潜ってみた。

序盤からヤバいなーと思った。

最初の鏡の国は、ある程度慣れる事が出来たけど、続いてやってくるダイヤモンドダストの処理が大変そうに感じた。

何も調べてない状態だったのもあるけど、第1フェーズから難しい判断を迫られるのでしっかり予習して挑みたいと思います。

それでは、本日はここまで。

ぷろと
ぷろと

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

オレはFF14を新生発売日に購入したが、すぐに挫折しパッチ3.5から再始動した理由などを書いた自己紹介に興味があったらぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました