FF14 エデン零式共鳴編2層をナイトでクリア!

FF14

こんにちは、ぷろとです。

昨日ようやくエデン零式共鳴編2層をクリアすることができました。ナイトでの攻略のポイントを書き記しておこうと思います。

 

ぷろと
ぷろと

ぷろとです。毎日ブログ投稿するチャレンジしてます。FF14以外に、文章を書くための考え方や、感銘を受けた事などを執筆しています。

もう3日連続FF14のお話で申し訳ないのですが、暫くは零式に力が入っている状態なので、自分の復習という形で残しておこうと思います。

ナイトでエデン零式共鳴編2層をクリアする際のポイントは3つ

  • 火炎拳と爆裂炎の処理
  • 二体フェーズのイフ処理
  • コンフラの処理

この3つさえ上手くできれば、あとは火力をいかに出すかの問題です。

全体を通しての動きは↓をご覧ください。

火炎拳と爆裂炎の処理

火炎拳の直後に爆裂炎のコンボ攻撃。まるで格闘ゲームかのような一連の攻撃だ。

火炎拳は線で繋がった対象者へ突進強攻撃で、直線状にいると「ふらつきデバフ」を付与。

爆裂炎は、「ふらつきデバフ」が付与されていると上空へ高く打ち上げられ、着地地点へさらにメテオストライクの範囲攻撃の即死コンボ。

全部で5回このコンボがくる。

基本はスイッチでの処理。3回目をナイトの無敵で受けて、4回目をMTの無敵で受ける。

スイッチ方法は、火炎拳の詠唱中に挑発。MTへの突進範囲に入らないように待機して、エラプションの範囲を踏まないように消えてからバフを炊いて爆裂炎の誘導位置へ移動。着弾した敵の背後へ移動しメテオストライクを避ける。

自分が対象の場合は、火炎拳の突進を誰にも当てない位置でバフを炊いて、挑発を貰ったらシャークで敵視を移動するだけ。

無敵受けの場合は、火炎拳をバフ受けし、爆裂炎の詠唱8割ほどでインビンを発動。上空には飛ばされるが、全てノーダメで処理可能。

二体フェーズのイフ処理

二体フェーズが始まったら、イフリートを北向きで固定。この時、敵視が直前のフェーズを引き継いでいるから、挑発推奨。

暫くすると火炎拳を詠唱。この火炎拳は3回目なので無敵受けをする場面だ。この時、ガルーダのオクルーデッドフロントで風の玉から直線攻撃がきている。そこに線を跨がないように注意。もし跨がせてしまうと線が切れてパーティメンバーに暴発する。

火炎拳をセンチネルとシェルトロンでうけて、直後の爆裂炎を北東へ誘導する。マクロによっては北西もあるので、そこはパーティで確認しておく。

北東へついたら爆裂炎の詠唱8割でインビン発動し吹っ飛ばされる。地面に叩きつけられた時に、分断されるので、誘導位置を注意。

あとは、中央へイフリートを持ってきて殴るだけ。

コンフラの処理

コンフラグレーションストライクは昨日詳しく書いたけど、おさらいしておきます。

散開位置で鎖を確認する

ヒーラーと繋がるが、地面の爆破と同時に移動を速めてしまうと、ヒーラーが確認できていない場合があるので、誰と繋がっているのかわかりやすいように軽く移動。

炎の渦への移動は、風の玉の無い方を確認して移動する。

ナイトは南を処理するが、南東になるか南西になるかは、風の玉の位置で変わるので注意。

コンフラ前の火炎拳&爆裂炎の処理をMT無敵受けで処理している場合、センチネルとランパート両方が残っているはずなので、この2つ+シェルトロンで炎の渦から発動するAoEを受ける。もし、スイッチで処理している場合は、ランパートかセンチネルのどちらか1つは残しておくようにする。

コンフラから移動前にレクイエスがあれば、ホーリーで攻撃できるが、無かったらロブでも投げておく。詠唱するとシェルトロンの効果が出ないので。

約10秒間5発のAoEが終了したら、突進で戻りつつエアーパンプの散開処理。

弾けたら即北へ移動し、コンフラグレーションストライクの超絶範囲攻撃(前方270度)を回避する。

最後に

あとは、いかに火力を出して行くのかという所です。

ILが揃ってくるまでは、しっかり薬も用意して挑みたいですね。

いやぁ、それにしても2周目になってしまいましたが、固定でのクリアはやっぱり嬉しいですね。

まだこの先3層と4層が待ち受けているけど、2層クリアは嬉しい!

さすが文化祭ですわ。

 

エデン零式共鳴編2層の動画も用意できたので置いておきます

ぷろと
ぷろと

それでは、最後までお読み頂き、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました