FF14 エデン零式共鳴編2層の攻略開始したのでナイトのメモ

FF14

こんにちは、ぷろとです。

昨日、エデン零式共鳴編2層の攻略を開始して、まだ攻略途中なのですが、忘れないための覚書でもしておこうかなと。

 

ぷろと
ぷろと

ぷろとです。ブログを毎日更新しています。FF14の事以外にも文章を書くための考え方や、感銘を受けた事などを執筆しています。

オレはメインジョブがナイトなので、ナイトでの攻略目線での記事になります。

今回は、昨日開始したエデン零式共鳴編2層でのナイトでの覚書になります。

ちなみにエデン零式共鳴編1層はこちら

 

今回は攻略途中なので、メモという前提で話します。

エデン零式共鳴編2層の基本情報

疑似蛮神イフリートとガルーダとのバトル。

フェーズは全部で4つ

  1. ガルーダ
  2. イフリート
  3. 2体同時
  4. フュージョン

エデン零式共鳴編2層マクロ

/p ■基本散開ペア ※吹き飛ばし無効
/p  MTD3  STD4
/p  H1D1  H2D2
/p ■分断 ※2体フェーズは北西固定
/p  北基準で基本散開通り
/p ■合体後線取り ※イフフェーズはヒラDPS
/p  1回目:MTSTH1H2 北側
/p  2回目:D1D2D3D4 南側
/p  最終フェーズカウント後はDPS時計回りで処理
/p ■コンフラグレーションストライク
/p  西←DPS TH→東
/p  渦処理:MT→北、ST→南
/p ☆竜巻後ペア ※鎖ペア基準
/p  D1D4 MTH
/p  D2D3 STH

エデン零式共鳴編2層でのマーカーの置き方

中央に1~4を配置して、ほぼすべてのギミックで1~4を基準に処理する。

エデン零式共鳴編2層でナイトがやる事

ナイトは基本STをやる事になるのでST目線での各フェーズごとの覚書です。

戦闘前の準備として、カウントが始まったら、ディバインヴェールを使用しておく。カウント10秒前付近でスプリントを使用。学者のバリア展開でディバインヴェールが発動。さぁ準備は整った!カウント2秒前でホーリーを詠唱開始する。

 

ぷろと
ぷろと

ホーリーの詠唱8割で走り出してスタート!

フェーズ1.ガルーダ

開幕はゴアブレード前にファイト・オア・フライト(FoF)を入れて物理コンボでフル攻撃!サークル・オブ・ドゥームやスピリッツウィズインを撃ち込み、インターヴィーンも使い切る!

ナイトのスキル回しはこちら

 

スーパーストームという全体攻撃がパーティを襲う!オレはリプライザルを入れて軽減。ここで開幕前に発動していたディバインヴェールも消費される。

ロイエ3発放った後のファストブレード後あたりで外周に風の玉を召喚するオクルーデッドフロントを詠唱する。

その後、ガルーダのフューリアスストームという連携攻撃が開始される。

フューリアスストーム…ガルーダを中心の円形AoE+DPS4人へ線が繋がり扇状範囲攻撃が飛んでくる。さらに外周に召喚された風の玉から直線攻撃もきているので触れないようにする。

ここで一旦ガルーダから離れる事になるが、丁度レクイエスからホーリータイムになるので、戻ってくるサークル・オブ・ドゥームを食らわせた後、ホーリーを詠唱しつつ2番方向へ離れた。

 

フューリアスストーム終了後、エアーパンプというサークルがDPS4人につく。2人受けしないと吹っ飛ばされて串刺しになって即死してしまうギミックだ。サークルを持っていない人がそれぞれ入ってあげて処理する。しかし、着弾地点に円形のAoEを生成するというおまけ付き。

安置を作るのを意識してサークル対象者はガルーダから少し離れた(殴れるギリギリくらいの)位置どりをすると喜ばれるはず。STのオレは2番でD4と一緒に受ける。

 

少し殴りタイムを挟んで、フィアスストームという共鳴編零式2層で最も地味で嫌らしい技がやってきます。

フィアスストーム…ガルーダの周囲に2本の牙みたいなのが隆起して、詠唱完了後その牙の方向に扇状範囲攻撃が飛んでくる。安置を素早く確認して移動するだけなのだが、バトル全体を通して使用してくるタイミングが嫌らしい。

※最初にくるフィアスストームは、2本の牙が1~4マーカーに被って視認しにくくなっているので注意!

 

中央にでっかい青色AoEが発生!爆発したときにノックバックする。乗っていると即死。同時にヒラタンにつくエアーパンプの頭割りも処理するのでノックバック無効を推奨。

 

中央を分担する大技バキュームスラッシュがくる。東西か南北の2パターンあるが、どちらのパターンもナイトの立ち位置は2番。この時、オクルーデッドフロントを詠唱し風の玉を召喚。

さらにフューリアスストームがくるが、ここでも丁度レクイエスホーリーの時間なので、ホーリーを撃ちながら安置へ逃げる。

この時、外から流されるエフェクトが内側に向かっていた。

風の玉は流された後に爆発する。

風の玉の配置は2パターンあるようで、3つか4つの2パターンだ。

どちらのパターンもナイトは2番方向で処理する。

風の玉が3つの時は、端の玉と中央の玉の間で外周ギリギリに立って、流されたあと少し戻って爆発を回避する。

風の玉が4つの時は、端の玉から外周に向かって直線上のギリギリに立ち、流された後に外周側に向かって回避する。

↑手前が4つで奥が3つの時の回避場所です。

 

風の玉の処理を行った後が凶悪だ!

 

地味で嫌らしい技のフィアスストームを詠唱しているので、素早く安置を確認し移動する。

ここが終わればフェーズ1の終了。

イフリート出現位置に距離減衰マークが登場するので南へ移動しつつ、スタンスを入れておく。

フェーズ2.イフリート

イフリートのバトルが開始して、すぐに火炎拳がMTを襲います。

火炎拳…対象者に線が繋がり、突進して大ダメージと「ふらつきデバフ」を付与。さらに着弾地点にエラプションが発動。

STは火炎拳の詠唱中に挑発してスイッチをする。さらにインタベも投げて軽減をいれておくと良さげ。※スイッチをするときの注意だが、火炎拳は直線上にいると「ふらつきデバフ」が付与されてしまうので、着弾しきるまで対象者からは離れておく。後方から殴っておけば安全だ。

スイッチ直後のオレに爆裂炎を使用してくる。

爆裂炎…対象者に赤いグルグルのエフェクトがついて、そこへイフリートが突進範囲攻撃を仕掛けてくる。火炎拳でついた「ふらつきデバフ」があると遥か上空へ打ち上げられる凶悪技。

オレはエラプションの床AoEが消失したあと、イフリートの前方へ少しターゲットサークルにめり込んだ位置で爆裂炎を受ける。かなり痛いので、センチネルとシェルトロンで軽減している。

直後にメテオストライクというジャンプ攻撃を仕掛けてくるのだが、着弾場所が爆裂炎を受けた所と決まっている。着弾地点への範囲攻撃になっているので、急いで敵の後方へ移動し回避しておきます。ちなみに爆裂炎を「ふらつきデバフ」込みでくらって上空に打ち上げられると、地面に落ちた時に「脳震盪デバフ」が付与されて動けずにメテオストライクをまともにくらってしまう。即死案件だ。

ぷろと
ぷろと

さぁ、ここから暫くMTだぞ

灼熱の咆哮…全体範囲なのでリプライザルで軽減しておく。

業炎拳…線で繋がった4人への突進攻撃。「ふらつきデバフ」を付与し、さらに着弾地点へエラプション発生。

ぷろと
ぷろと

業炎拳で本体が移動するので、中央へ戻ってくるように誘導する。

 

このあとファイアスパークを詠唱し、周囲に炎の玉を召喚してくる。

暫くすると、周囲に4体のイフリートの分身が出現。さらにプレイヤーの足元にエラプションを生成。エラプションの詠唱中に分身イフリートが炎の玉を蹴り飛ばしてきて、安置がどこか分からなくなるというギミックだ。

一部ではサッカーと呼ばれていて、バトル中に何度か使用してくる。

サッカーと言われるのには理由があるよね。

 

ぷろと
ぷろと

元サッカー選手であるオレが解説しよう

このギミックでは、複数のパターンがあるが、どれも必ず中央へ向かって玉を飛ばしてくるイフリートが存在する。

そいつがゴールを決めるエースストライカーだ。

エースストライカーがゴールを決めるには、ラストパスを送るアシスト役がいる。アシスト役にもボールを回すパサーが必要だ。このギミックは、2人ないし、3人のコンビプレーだと思ってくれ。

中央へ蹴りこむエースストライカーの周囲には必ず分身がいてる。

その分身が、エースストライカーへ向いているかを確認する。向いているのがいたら、そいつがアシスト。さらにアシストの横に分身がいて、アシスト役を見ているのならそいつはパサーで最終的な安置だ。逆を向いているのなら無関係で、その場合はアシスト役の位置が安置になる。

見つけ方は簡単さ。

まず周囲を見渡して、ゴールを決めるエースストライカーを見つけるんだ。次にエースストライカーへパスを通そうとしているアシスト役を見つけるんだ。さらに、アシスト役にパスを送ろうとしているパサーがいるか探せ。いなければ、アシスト役の周囲が安置で、パサーがいればパサーの周囲が安置だなって感じ。

さぁファイアスパークを乗り切ったら、再び業炎拳で4人への突進攻撃がくる。

突進終了後、火炎拳がオレを襲ってくる。

イフリートに近づいて、味方を巻き込まない方向へ。ランパートとシェルトロンで軽減をしつつ、挑発が見えたらシャークをしてタンク交代だ。直後のエラプションを回避しつつ爆裂炎が交代したタンクへ向かうのでインタベを投げる。

メテオストライクの範囲に注意しつつ後方から殴る。

ここでフェーズ2が終了だ!

フェーズ3.二体同時

イフリートとガルーダが同時に襲ってくる。

ナイトのオレはイフリートのターゲットを確保するのが役目だ。

敵視量は前フェーズを引き継いでいるので、必ず挑発が必須なので注意したい。

その場で北を向けて殴っていると、まず火炎拳を詠唱してくる。例の一連コンボを一人で処理することになる。

この時、ガルーダの羽根直線ビームみたいなのが飛んでいるのだが、そこに火炎拳の線を当ててしまうと線が切れて別の人に火炎拳が飛んでいくので注意。

なのでイフが出現した位置で北に向けて火炎拳の詠唱を確認するまで動かさない。

火炎拳をセンチネルとシェルトロンで軽減するが、「ふらつきデバフ」は当然付与される。

地面にエラプションが発生したら一旦イフリートの後ろへ移動しエラプションを回避。エラプションが終わったら、元の位置へ戻る。ガルーダのバキュームスラッシュによる分断を警戒した位置取りをする。

爆裂炎の詠唱が開始されるが、落ち着いて詠唱8割付近でインビンシブルを発動する。

爆裂炎改め昇竜拳のごとく空中へぶっ飛ばされるオレ。

空中で身動きがとれない間にガルーダのバキュームスラッシュによる分断が始まるのを眺めていたが、それを警戒して位置調整を図っていたのでニヤリ。

 

そして、地面へ叩きつけられたところへメテオストライクのコンボ攻撃がさく裂!

 

だが、インビンシブルの無敵状態でダメージは0

ノーダメだと脳震盪は起こさないようだ。

ぷろと
ぷろと

インビン強いなぁ

同時に東西or南北の分断が生成。

ここでガルーダ側でオクルーデッドフロントが詠唱開始。

風の玉が周囲に召喚される!

さらに分身イフリートまで登場とは豪華なギミックだ。

中央付近に集合しておいて、エラプションが見えたら安置へ移動。

同時に外周から中央への流されるエフェクトが発生する。ここでの安置はフェーズ1のガルーダと同じだが、イフリートの分身が左右の時はイフリートのいない方向へ。真ん中にいる場合はイフリートの向きとは逆側へ移動する。

ここでの回避に安心する間もなく、ガルーダの地味に嫌らしいフィアスストームの詠唱が始まっているので、牙の位置を確認し、安置へ駆け込む。スプリントがあれば事故率を軽減できるはず。

 

ぷろと
ぷろと

ここを超えたら最終フェーズだ。

フェーズ4.合体フュージョン

最終フェーズはイフリートとガルーダが合体する。

まるでドラゴンボールのフュージョンのように融合され1つのラクタパクシャという個体へと生まれ変わる。

まずは業炎拳から開始だ。

ヒラタンクで線をとり散開するのだが、突進する瞬間にラクタパクシャを中心とした東西南北への超巨大直線範囲AoEが出現する。安置はラクタパクシャのいた位置のみ。さらに突進後エラプションを生成するので、ヒラタンは即に戻る必要があるので、あまり離れすぎないかつエラプションの範囲に注意する。

 

再び業炎拳が発動。

今度はDPSで処理することになる。

理由は、一度目の業炎拳によりヒラタンには「ふらつきデバフ」が付与されているからだ。

とは言え、処理方法は1回目と同じ。

 

その後、灼熱の咆哮による全体攻撃。

直後にエアーパンプのサークルがヒラタンクに付くので、マーカーへ下がって受ける。

この時、地味に嫌らしい技フィアスストームも詠唱しているので、安置をつくるための配置を心がける。

回避に成功したら、ファイアスパークを詠唱してくる。

そうサッカーだ。

姿が変われどやってくる事はフェーズ2と全く同じなので安置を探しつつエラプションの範囲が出現したら移動する。

火炎拳の詠唱を開始しているので、STのオレはここで挑発が必要になる。

爆裂炎を誘導しつつランパートとシェルトンで軽減。直後のメテオストライクがあるので敵の後ろへ移動します。

中央に青いAoEが発生するので、アームズレングス等を使いノックバック無効にしておく。

コンフラグレーションストライクの詠唱を開始する。

煉獄の鎖が付与される。この鎖は繋がれた人同士が離れたり、緑の直線AoEを当てると切れて爆発する。

東西の安置へ移動し、ここからはペアで行動を共にする場面だ。

地面の爆発後、STは南の炎の渦へ繋がったヒーラーと共に冒険へ出発。炎の渦は近いやつに向けて扇状範囲のAoEを連発してくるのだ。こいつを皆に向かわせないために一人危険な地帯へと踏み入れて、その炎の渦が沈下するまで耐え忍ぶ。

ここは直前の爆裂炎でバフを消費しているので気を付けなければならない。約10秒間なので、センチネルとシェルトロンを組み合わせて耐えるのが良いかと思います。

炎の渦が沈下するとエアーパンプのサークルが出現する。

同時にラクタパクシャの周囲だけが安置のドーナツ型AoEもきているので、それぞれギリギリにエアーパンプを処理しなければならない。だが、このエアーパンプは発動してもAoEを発動させないので、ちょっと落ち着いてしまう。

そこが罠だ。

忘れてはならない。

コンフラグレーションストライク

これが丁度発動しやがるのだ。

ここまでコンフラグレーションストライクの詠唱中にあった流れだということを忘れてはいけないのだ。ここで、このエアーパンプが弾けたあとのタイミングでやってくる。

コンフラグレーションストライクはラクタパクシャの前方270度範囲の超強力攻撃。くらうと即死。

ぷろと
ぷろと

白虎の蹴りと同じ範囲で不可視なので注意!エアーパンプが弾けた瞬間に背後(北)へ移動します。

昨日、我々がたどり着いたのはここまでです。

最後に

この先には、あと2種類ほどかな?ギミックが残っているようだけど、そこを超えたら時間切れにたどり着くようです。

この続きは、また次回ということで!

ぷろと
ぷろと

それでは、最後までお読み頂き、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました