【FF14】メネニウス一騎打ちを黒魔道士で挑戦①まずは空中戦

FF14

こんにちは、ぷろとでっす。

最近ザトゥノル高原で遊んでいて、そろそろ一騎打ちをしないとなとか思っています。

 

戦果記録を集めてエアバイクが欲しいという欲を満たすためです。

 

残り戦果記録は2つで揃うのですが、そのうちの1つ№45の「メネニウス」が、なかなか旗艦ダル・リアータ攻略戦で落ちてくれないので一騎打ちを狙ってみようかなと思ったわけです。

 

一騎打ちに一度も挑んだことがないので、まずは空中戦です。

 

メネニウス一騎打ちに挑むジョブは黒魔道士。

 

黒なので、ロスト・フレアスターを使う戦略です。とは言え、赤や召喚の方が有利なのは分かっているのですが、普段使っている黒魔道士で挑みたいと思うのは何かの拘りなのでしょう。というか普段使っていないジョブで動かすのむずくない?久しぶりに赤を使って旗艦行ったらスキル回しボロボロだったんですけど…というのは置いといて、黒魔道士で挑みます!

 

メネニウス一騎打ちに挑むためには

前提CE(クリティカルエンゲージメント)邪悪なる氷狼「フローズヴィトニル」をノーミスでクリアする必要があります。まぁこれは余裕です。ちなみにフローズヴィトニルを沸かす前提スカーミッシュは「外道術士との決着」で、周囲のⅣレギオン・デスマシーンを複数狩れば沸くようです。

 

挑戦権を得るのがまず大変ですが、いざ権利を手に入れた時の流れを整理しておきたい。

これが空中戦です。空中戦をまずは制したい。

 

一騎打ちの権利を得たら2分間の準備時間がある。

 

この準備時間を制するものが一騎打ちを制すると思うのです。

 

そこで、まずはカバン整理を事前に行っておきたい。

 

事前に一騎打ち準備用と一騎打ち用を保存しておく。

 

【一騎打ち準備用1】

■背水の境地

■フレアスター

■エクセレンス

■プロテスⅡ

■シェルⅡ

■バブル

■ブレイブ

□斥候の秘薬

□武人の霊薬

〇リレイザー

〇ポーションキット

〇エーテルキット

 

【一騎打ち戦闘用】

■マジックフォント

■チェインスペル

■エクセレンス

〇光のカーテン

〇ポーションキット

〇ポーション

 

という感じで事前にロストホルダーの保存を行っておく。

容量が気になるのでまだ仮としておこう。

普段使っているロストホルダーに、斥候とリレイザーとエーテルを積んでおいてもいいかもしれないな。

ロストアクションは、通常時が

■チェインスペル

■フレアスター

となっている。

 

次に流れを空中戦。

1.一騎打ちに当選したら、まずはエーテルキットリレイザー斥候を使う。※エーテルとポーションはリキャ共有しているからどっちか先に使っておく。ポーションの方が発動遅くなるであろうからエーテルを先に使う感じで良さそう。

2.デジョンして木人を殴る。

3.UBを維持しながら箱の前へ

4.一騎打ち準備用のホルダーを読み込む ※間違って保存しないように注意

5.フレアスターの枠をプロテスⅡ→シェルⅡ→バブル→ブレイブと使ってからフレアスターに戻す。

6.30~25秒前になったらチェインスペルを発動して、エクセレンスにチェンジしポーションキット武人を飲む。※ポーションキットはリキャが戻り次第で使っていいかな。

7.エクセレンスを発動し、背水の境地へ変更。ホルダーを一騎打ち用に切り替えて突入

8.ルーシッドを使ってサンダガスタート背水使用マジックフォントに切り替えて使用後フレアスターを当てる。

9.マジックフォントをチェインスペルへ変更し使用。

10.ゼノグロシーを2発撃ちこんで、ファイガ⇒ファイジャ・・・外周光ったら光のカーテン

11.エクサフレアぽいのが来る当たりまでにチェインスペルをエクセレンスに変更しておく

 

とりあえずここまで全部妄想。

とりあえず一騎打ち準備用のホルダー作成からしてこよっと。。

【FF14】メネニウス一騎打ちを黒魔道士で挑戦②戦ってみた感想
こんにちは、ぷろとでっす!前回メネニウス一騎打ちをやるための空中戦を行いました。そして今回は実際に戦ってきたのでその所感を。結論から言うと、勝利することが出来ました!勝利する事はできたけど、上手く立ち回れなかったな...

コメント

タイトルとURLをコピーしました