ブログを書くときの文字数の目安は、相手に伝わるかどうかが全てです!

コピーライティング

こんにちは、ぷろとです。

今回は、ブログを書く際の文字数の目安について話します。結論から言うと、オレはブログの文字数を気にしたことがないです。1000文字以下の場合もあれば、3000文字や4000文字などの事もあるし、時には1万文字を超えた事もあります。オレがブログを書く時に気にしている文字数の目安は、相手に伝わるかどうかを意識しています。

オレは今年の初めに毎日ブログを書くと宣言して、書き続けています。まだ10日を過ぎたくらいなので、記事数もそれくらいですが、ぜひここをブックマークして今年の終わりころなんかにも覗きに来てほしいです。毎日投稿を達成しているはずなので!

そんなオレがブログの文字数の目安についての考え方を話します。

ブログ文字数の目安に明確な答えはない

いきなりで申し訳ないんですが、ブログの文字数に明確な目安はありません。

答えがないです。

ブログの書き方のノウハウを有料無料に関わらず何個も見てきましたが、500文字以上でいいよという人もいれば、800文字でいいと言う人もいました。他にも、最低でも2000文字は書かないと上位表示は難しいとか、いやいや5000文字はないと駄目だとか本当に様々で、何が正しいのかよくわからない状態です。

これだけ色んな意見があると言う事は、ぶっちゃけ正しい文字数の目安なんか無いと思います。

とはいえ、初めてブログを書く人や、これからブログを書いていく、或いはすでに書いているけど結果が出ていない人にとってブログの文字数は、気になるところでもあるのは確かです。

そこで、オレがブログを書く際に目安にしている事を話します。

相手に伝わるかどうか

これが全てです。

オレがブログを書く際に気にしている事は、文字数ではなく、ブログを読みに来てくれた読者にオレの考えが正しく伝わるかどうかを一番気にしています。

なぜなら読者は悩んでいるからです。

例えばですが、

 

ぷろと
ぷろと

ブログを書く文字数の目安は、500文字で大丈夫です!

と、てきとうな事を言ったとしましょう。

これを見た悩んでいた読者は救われたかのように、

なるほど!500文字でいいのか。じゃあ頑張って書くぞ!

と、希望を持ってブログを書き始めました。

しかし、

書いている内容は明らかなリライトで引用部分も多く自分の考えが入っていないし、何を言いたいのか分からなかったため、読者の疑問をとてもじゃないが解決できる内容ではなかった……。

その結果、検索エンジンに無価値な記事と判断されて検索にも載らず、誰にも読まれる事はありませんでした。

おかしいぞ?500文字で良いと聞いたのに…。何で?どうして?ぷろとの言うことは嘘つきだ!!

と、怒ってしまいまい、二度とオレのブログへ戻ってくる事はありませんでした。

オレが本当に伝えたかった事は、相手に伝わる文章であれば500文字でも大丈夫だよという意味だったのです。相手がその文章を読んで理解できるのであれば、文字数は500文字でも大丈夫だと伝えたかった。だけど、オレがめんどくさいと思ったために、その読者にはしっかりと伝える事が出来なかった。

こんな事が起きてしまったら悲しいですよね?せっかく訪れてくれた読者に自分の伝えたいことが正しく伝わらなくて、その読者を傷つけてしまったとしたら…。お互いが損するだけです。

なのでオレは、読者に伝わる文章を書くという気持ちでブログを書いています。

自分の考えを相手に正しく理解してもらうためには、それなりの文字数が必要になるはずです。それこそ2000文字や3000文字と言った文字数がなければ理解してもらうのは難しいかもしれません。

でも逆に言えば、理解してもらえる文章が書けるのであれば500文字でも良いし、極端な事を言えば一文で伝わるのなら一文でも良いとも思っています。

大事なのは相手に自分の伝えたいことを、ちゃんと伝えれるかどうかです。正しく伝えられるのなら文字数は関係ないのです。

そのためには、

読者を理解することが大事

最も大事なのは読者を理解することです。

読者の事が理解できていれば、現状を理解し適切な回答を提示することができますよね?何を書けば読者に伝わるのかも分かるはずです。

ブログを書くのは全て読者のために書きます。

読者のためを思えば、文章も不思議とモリモリになって文字数なんか気にしなくなって書くことができますし、その結果、読者にとって価値のあるものが出来上がるので、読んでくれるブログになります。

読んでくれるブログになったらSEO的にも強くなってドンドン上位表示されるようになります。

上位表示されるようになったら、新たな読者も増えて、さらに読まれてのスパイラルになります。

これを目指すのがブログの在り方だとオレは思います。

読者を理解することができれば、読者が何を求めているのかも分かってきます。

読者は重症患者

読者とは重症患者なのです。

読者が、あなたのブログに訪れるのは、あなたの文章を読みたいからではなく、読者が思っている疑問を解決したいから訪れています。

実は、今にも死にそうなくらい苦しんでいます。

よく考えてみてください。

あなたがウェブで検索する時って、かなり切羽詰まった状態だったりしませんか?どうしても解決したい問題が現れて、どうにかこうにか解決したいから検索窓に打ち込む。

これって視点を変えて考えてみれば、どうにかして助けてほしいと願う重症患者と言えるんじゃないでしょうか?

そんな患者さんにいいかげんな事って言えます?

例えば、

とある日、ぷろと病院にやってきた患者がいました。

 

ぜえぜえ…はあはあ…。苦しい!ぷろと先生、どうか助けてください

ぷろと
ぷろと

ここのラーメンが美味しくてさぁ。めっちゃオススメだから食ってみてよ(笑)

 

急にラーメンの話をされたらどうでしょう?ヤバすぎません?w

ふざけるなーって怒りますよね。

今は腹が減ってるんじゃない!オレのこの苦しみを何とかしてほしいんだよ!

と、読者は思っています。

読者の悩みを適切に理解して、正しい処置方法を授けるのがブログを書く者の務めです。

読者は重症患者で常に悩みを持って訪れるという事を忘れてはいけません。

読者の悩みを解決することが使命です。

実は、ブログ記事というのは3パターンしかないのですが、その3パターンのうちのほとんどを占めるのがQAコンテンツと言われるものです。

QAコンテンツというのは、疑問(Question)への答え(Answer)を書いたコンテンツの事です。読者は常に悩みを持っていて、悩みに対する答えを求めています。

ブログを書く時に気を付けるのは、読者の悩みを解決すること。

だからこそ、重症患者である読者の悩みを解決するのに文字数がいくつあれば…なんて考えていられないですよね?真剣にマジで相手を治療する必要があるんです。

読者はあなたの恋人

読者をあなたの恋人だと思えば、文字数を気にすることは無くなります。

例えば、

友達でも恋人でも誰でも良いですが、あなたの大事な人が悩んでいるとします。

そんな時に、何文字で答えを導かなければなんて考えませんよね。とにかくその問題を解決してあげようと必死になるはずです。相手に理解してもらうように優しく丁寧に教えたり考えたりするはずです。

ブログを書くことは、あなたの大事な人を助けるためという気持ちを持てば、読者に理解してもらおうと必死になれるはずです。その時、あなたは文字数に囚われることはなくなり自然体で書けるようになります。

ポイントは、読者をあなたの恋人だと思えです。

文字数の目安がないと文章を書けない人へ

文字数の目安がないと文章を書けないという人もいるかもしれません。

大丈夫です。

今回の記事をしっかり理解できたら文字数の壁は一瞬で取り払われます。

ぜひ何度も読んでみてください。

それでも書けない場合は、文章の型を知らない可能性が高いです。

はっきり言って文章の型を知っていれば、

文章が書けないという事は無くなるので、どうしても書けない場合は文章の型を勉強するとスラスラと書けるようになるので型を覚えてしまいましょう!

文章の型については

こちらをご覧になってみてください。

文章が書けない悩みを解決してみせますよ。

 

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

ぷろとでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました